AGAと言う言葉は、近頃テレビコマーシャルなどでも耳にする機会が増えました。

そのため、以前よりも認知されるようになり、興味を持つ方も増えているのではないでしょうか。



AGAとは、男性型脱毛症を指します。

AGAの原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と言われています。

産経ニュース関連情報を紹介しています。

その他にも、加齢やストレス・食事・生活習慣なども関係していると言われています。
AGAは、成人男性に多くみられるもので、額の生え際や頭頂部の髪がだんだん薄くなっていきます。

早めにケアをしないと、年数とともにどんどん進行していく点が特徴です。

髪の毛が十分に成長しないため、太く長く育つ前に抜け落ちてしまいますが、うぶ毛は残るため、諦めずに治療することが大切です。

AGAの治療は、頭皮や頭髪に効果がある薬剤に加えて、メンタルケアや食生活や生活習慣の改善なども行われます。

薬剤は、男性ホルモンを抑制し、抜け毛を予防する働きがあります。

そして、規則正しい生活習慣により、発毛を促し、健康な頭皮を保つことによって、太くて長い毛髪を増やして行きます。
つまり、一人一人の原因や生活環境に合わせて、総合的にケアを行っていきます。



現在、専門医院も多数あり、医師の無料カウンセリングを行っているクリニックもあります。

治療の流れは、初回診察の後、診断および処方、その後は定期的な診察を受けることで、徐々に改善されて行きます。

費用は、数万円程かかり、治療については、薄毛で悩まなくなった時点でゴールだと考えられています。