AGAには体の内側からのアプローチも大事です。

頭皮だけを触っていても、効果的な治療に結びつけるのは難しいです。
なぜなら、髪の毛は食べたもので出来ていますし、そもそもAGAが内側から来ているものによって起こっている薄毛だからです。



AGAは男性ホルモンの影響を受けることによって起きる男性型脱毛症ですから、間違った生活習慣やストレスなどが体の内側に影響を及ぼし、それによって男性ホルモンが影響を受けてAGAが進行してしまうことも十分に考えられます。

そのため、体の内側にアプローチすることで進行を遅くする効果を得ることができます。

髪の毛のことで体の内側にアプローチするのは意味がないように感じてしまう方もいらっしゃいますが、キチンと意味のあることですから、外側からのケアだけに意識を向けないで、体の内側にも目を向けましょう。

食事や生活習慣はとても大切です。

おろそかにすることで新陳代謝が低下してしまいますし、髪の毛のための栄養も確保できなくなり、ホルモンバランスも崩れてしまうことになるからです。

NAVERまとめに関する情報を公開しているサイトです。

髪の毛は生命維持には直接影響がないため、健康を害すると真っ先に影響を受けます。
ストレスは健康にも悪いですし、ホルモンバランスも乱しますし、血行も悪くします。

栄養バランスのとれた食事を摂り、健康的な生活習慣を心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。


薄毛の方は既に栄養が足りない状態と考えられますので、育毛サプリメントなどサプリメントによる栄養補給も効果が期待できます。